シカバネ喰らい
日々あったこと(BASARAについての妄想)をグダグダに語る腐女子サイトです。脳味噌は溶けて何処かにいきました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WORLD'S END UMBRELLA
WORLD'S END UMBRELLA


作詞・作曲:ハチ
唄:初音ミク


( 地を覆う大きな傘
 中央に塔が一本建ち、
 それが機械の塊を支えている。
 当然、真下にある集落には陽が当たらず
 機械の隙間から漏れる「雨」に苛まれている。
 人々は、疑わない。
 それが当たり前だったから。
 なんてことは無い。

 ただの「掟」なのだから。)
 

あの傘が騙した日 空が泣いていた
街は盲目で 疑わない
君はその傘に 向けて唾を吐き
雨に沈んでく サイレンと

誰の声も聞かずに
彼は雨を掴み
私の手をとりあの傘へ
走るの

二人きりの 約束をした
「絵本の中に見つけた空を見に行こう」
刹那 雨さえも引き裂いて
もう 悲しむ事も 忘れたまま


(降り頻る雨と共に、
 二人は傘の塔へとたどり着いた。
 閉ざされていた両開きの扉は、
 押せば呆気なく開き、
 二人を拒みはしない。
 誰も入ろうとはしないのだ。
 鍵などあってもなくても同じだろう。
 その扉の向こうの、)
 

崩れ出し 何処へ行く 螺旋階段は
煤けて響いた 滴り雨
泣きそうな 私を そっと慰める様に
君は優しく 私の手を

白い影に追われて
逃げた先に檻の群
理由(わけ)を探す暇も無く
気も無く

震えた手を 君が支えて
私はそんな背中を ただ見守るの
闇に溶けた 歯車は笑う
ホラ 微かに風が 頬を撫でる

(「風がながれてるわ。」
  女の子は言った。
  男の子は、小さく相槌を打った。
  足を止める事はなかった。
  とても遠くまで来た様な、
  或いはまだ走り始めて間もないような。

  絶望的に、小さな二人を、誰が見つけることも無かった。




   誰が見つけることも無かった。)


白い影はもう追ってこなくて
とても悲しそうに消えた
錆びた匂いも煤けた黒さえも
やがて色を淡く変え

何処からか声が聞こえた様な
気がした様な 忘れた様な
螺旋階段の突き当たりには
とても小さな扉が
埃を纏い待っていた

(「開けるよ。」
 「うん」)

そこには 何もかもがある様に見えた
色とりどりに咲いた花 深い青空
滲んだ世界に二人きり
もう何もいらないわ

絵本の中 とじ込んだ空を
在るべき場所に返した 忘れない様に
君がくれた 拙い花束を
笑いながら そっと肩を寄せた

世界の最後に傘を差す
ずっとこんな世界ならば よかったのに
悲しくないわ 君の側で...

花の咲いたその傘の上には
とても幸せそうな顔で
小さく眠る二人がいた

スポンサーサイト
結ンデ開イテ羅刹と骸(むすんでひらいてらせつとむくろ)初音ミク
結ンデ開イテ羅刹と骸




さあさあ 今宵も無礼講
獄卒衆すら巻き込んで
宴の瀬にて成り下がるは
純真無垢故質の悪い
悪虐非道に御座います

片足無くした猫が笑う
「ソコ行ク御嬢サン遊ビマショ」
首輪に繋がる赤い紐は
片足の代わりになっちゃいない

や や や や 嫌 嫌 嫌

列成す卒塔婆(そとば)の群れが歌う
「ソコ行ク御嬢サン踊リマショ」
足元密かに咲いた花は
しかめっ面しては愚痴ってる

腹を見せた鯉幟(こいのぼり)
孕(はら)んだのは髑髏(されこうべ)

やい やい 遊びに行こうか
やい やい 笑えや笑え
らい らい むすんでひらいて
らい らい 羅刹(らせつ)と骸(むくろ)

一つ二つ三つで また開いて
五つ六つ七つで その手を上に
松の樹には首輪で 宙ぶらりんりん
皆皆皆で 結びましょ

下らぬ余興は手を叩き、座敷の囲炉裏に焼べ曝せ

下賤(げせん)な蟒蛇(うわばみ)墓前で逝く
集(たか)り出す親族争いそい
「生前彼ト約束シタゾ」
嘯(うそぶ)くも死人に口は無し

や や や や 嫌 嫌 嫌

かって嬉しい花いちもんめ
次々と売られる可愛子ちゃん
最後に残るは下品な付子(ぶす)
誰にも知られずに泣いている

やい やい 悪戯(いたずら)しようか
やい やい 踊れや踊れ
らい らい むすんでひらいて
らい らい 羅刹(らせつ)と骸(むくろ)

三つ二つ一つで 息を殺して
七つ八つ十で また結んで
高殿(たたら)さえも耐え兼ね 火傷(やけど)を背負い
猫は開けた襖(ふすま)を閉めて行く

結局皆様他人事(結局皆様他人事)
結局皆様他人事(結局皆様他人事)
結局皆様他人事(結局皆様他人事)

他人の不幸は 知らんぷり!

やい やい 子作りしようか
やい やい 世迷(よま)えや世迷(よま)え
らい らい イロハニ惚れ惚れ
らい らい 羅刹(らせつ)と骸(むくろ)

一つ二つ三つで また開いて
五つ六つ七つで その手を上に
鳥が泣いてしまわぬ 内にはらへら
一つ二つ三つで また明日

悪鬼羅刹の如く その喉猛らせ、
暴れる蟒蛇の生き血を啜る。
全ては移ろうので御座います。
今こうしている間にも、様々なものが。

はて、何の話をしていたかな?
まあ、そんな与太話は終わりにしましょう。
さあ、お手を拝借。

一つ二つ三つで また明日




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。